Sunday, 19/8/2018 | 9:08 UTC+0

指紋認証システムの特徴と利点|セキュリティを完璧に


セキュリティシステムの1つである指紋認証の特徴について

最近は便利な機能があり、私たちが日々開け閉めをする扉によっては、指紋認証機能が採用されていることがあります。その名の通り、指紋を用いての認証システムになるのですが、センサーにタッチすることで開閉を行うシステムです。そもそも一部のドアには、まれにパネルが設置されています。

そのパネルには意味があって、ドアの開閉をするためのシステムがあるのです。そのパネルは、指紋を読み取るためのセンサーが付けられています。大抵、そのセンサーは、黒い色ですが。

そのセンサー部分に対して指を当てると、ドアが開閉をされるような仕組みになっているのです。

というのも、そのセンサーなどでは、指紋登録などのシステムと紐づいています。どこかの企業に入社をすると、指紋を登録する手続きが行われるケースがあり、これは指紋の識別をするためです。それで例えば、Aさんという方が指紋の識別などをしたとします。その際、まず会社のシステムにAさんの指紋情報が登録をされるのです。それで後刻ドアの開け閉めをするタイミングにて、Aさんが上記のようなセンサーに接触した時には、扉が開く仕組みになります。

ちなみにBさんやCさんがAさんを偽ってパネルにタッチしても、ドアは開かないシステムになっているのです。つまり指紋が鍵の代わりとなる訳です。

このセキュリティの長所は、鍵の紛失に関したリスクが無い点です。セキュリティシステムの1つとして、金属錠があるのですが、それには紛失のリスクが存在します。それをうっかり無くしてしまいますと、ドアの中に入ることが出来なくなります。

ところが指紋であれば、誰もが持っています。鍵をうっかり忘れることが無いので、確実に扉を開けることが可能なのです。ちなみにその指紋認証は、ちょっとしたコツが必要になります。指が水で濡れていたり、極度に乾燥したりしていると、センサーで読み取れ無いケースがあるので注意が必要です。基本的にそのセキュリティのセンサーにタッチをする際には、指は正常な状況になっている必要があります。

About