Saturday, 17/11/2018 | 5:06 UTC+0

スペアキーの様々な利点|セキュリティを完璧に

スペアキーがセキュリティの観点から有用である事を考える

どうすればセキュリティを上げられるか建造物のセキュリティのためには、たまにスペアキーが用いられます。スペアキーとはすなわち、合鍵などです。

そもそも建物の管理会社によっては、複数の鍵を所有していることがあります。1つのみでは決してありません。管理会社としては、最初にマスターキーと呼ばれるものを保有しています。いわゆる本物の鍵のことです。それは会社の金庫の中などに、厳しく保管がされています。

ところがその会社については、あえて別の鍵を作成することがあります。それがスペアキーになります。つまり鍵というのは、複数のタイプを作ることが可能なのです。

ところでスペアキーには、どんなメリットがあるかと申しますと、まず紛失リスクです。そもそも金属錠などは、多少なりとも、無くしやすい一面があります。鍵を失くしてしまうと、居住者は建物の中に入ることが出来なくなってしまうのです。

ところが前述の会社としては、マスターキーを所持しています。そのキーを使用すれば、ドアの開け閉めをすることが出来るので、建物に入ることが出来るという訳です。また管理会社だけでなく、個人宅の住民の方も同様です。人によっては、複数のスペアキーをあえて制作していることもあります。1つのカギだけでは気がかりがあり、複数の鍵を保有しておく方が紛失率も低下するとの考えがあるからです。とりあえずスペアキーの1つはお財布の中に収納をしておき、別のキーはまた別の場所に保管するといった具合です。

またセキュリティに関わるスペアキーには、建物に入る方達を増やすことが出来るメリットもあります。

そもそも建物の住人は、1人のみとは限らないのです。複数名の方がそこに居住していることもあります。それで仮にAさんだけが鍵を持っていて、家族のBさんは鍵を持っていない状況では、Bさんは建物に立ち入れなくなってしまうのです。ところがBさんがスペアキーを保有していれば、建物の中へ入ることが可能です。つまり建物に入れる方々の人数を増やすため、スペアキーが使われることもあるのです。

About