Sunday, 19/8/2018 | 9:10 UTC+0

無線LANの種類と特徴について

無線LANの種類について見ていきます。一般家庭に浸透し始めている無線LANにも、何点かの種類があります。無線LANを自宅で使用する事で、いちいちパソコンを利用する際に線をつなげる必要もなく、とても有用になっています。そんな、無線LANの種類ですが、一般的に5種類に分類する事が可能で、それぞれに特徴が存在します。

はじめに、acと呼ばれるIEEE802.11acの特徴は、次世代のWi-Fi規格になっており著しく速度が速くなっています。
それで、一番使いやすい種類と言っても過言ではありません。次にnと言われるIEEE802.11nの特色ですが、通信距離が長く障害物に強いといった事が特性になっています。また、電子レンジやBluetooth等の電波干渉を受けずに使用する事が可能となっています。そして、aと呼ばれるIEEE802.11aと言う種類の無線LANもあります。これは、nに比較すると障害物に弱いため、屋外では使われないタイプになっています。
無線LANで快適パソコン環境!無線LAN選びのポイント | nanapi [ナナピ]
とは言っても、電子レンジやBluetoothによる電波干渉を無視できるタイプになっている事から、屋内での活用は可能になっています。ほかにも、gと呼ばれるIEEE802.11gとbと呼ばれるIEEE802.11bにおいては、障害物は得意なものの電子レンジやBluetooth他の電波干渉を受けるタイプになっています。

このように、一言で無線LANと言っても、様々な種類の物があり、自分が使用する状況などに応じて適した種類の物を選ぶことが重要です。

その以外に、価格も種類によって大きく差異がある為、予算に応じて無線LANを選ぶ事も不可欠です。
料金が高くても速度の速さを求めるのか、また、動画などあまり見ない人は速度より値段重視で選ぶのかなど日ごろの使い方により無線LANを選ぶ必要があります。ですから、無線LANの購入を考える際は、無線LANはいくつかの種類がある事やそれらの特徴を理解し、予算と使用用途を考えて購入する事が重要になってきます。また、わからない場合は、店員さんに使用用途を伝えて、選んでもらうのもお勧めです。そのようにする事で、使用後不便を感じることなく便利にパソコンを活用する事ができると思います。

About