Sunday, 19/8/2018 | 9:08 UTC+0

無線LANの電波の強度を把握しよう

無線LANの仕様で大切なことです。無線LANの強度と言われてもピンと来ないかもしれませんが、この強度というのは電波ががっちり飛ぶかどうかを知るための重要な点となります。電波がしっかり飛ばないようになっていると、無線LAN機能を利用することが出来なくなってしまいます。しっかり利用したいと思っているのであるならば、強度の部分を確認すると同時に、何が原因で弱くなったのかを知らなければなりません。

電波の強さを上げることは厳しいのですが、電波がじゃまだてされないようにする方法はいくつかあります。電波というのは壁によって遮断されることが多く、様々なところを経て無線LANの機能を届けることとなります。この機能が力を発揮していない状態であれば、電波が途中で尽きるような形となり、無線LANの電波が届かない具合となってしまいます。これは全く実効の無い状態を生み出してしまうだけでなく、無線LANが機能しないためひどい思いをすることとなります。

この事例は壁が原因となっていないか、電波を遮断するようなものを置いていないかを確かめます。

また無線LANの電波は割と強度の高い状態となっていますけども、それでも電波自体がいつも届くという可能性は無いため、一応強度についても把握しておくこととなります。強度が確実な物については、それなりに安心して活用することができます。片や弱い状態となっていれば、その電波は届くことは不可能で、しばしば遮断されてしまうことが起こってしまいます。

壁以前の問題として、利用している無線LANから発生される電波の力が弱いと、接続不良の可能性が高まるのです。

こうした問題点を解決することが大事であり、明確に届けるためには電波の強さを測定したり、多彩な設定を見直すこととなります。また壁によって遮断されることが無いように、様々な部分のチェックもすることになります。色々な視点で見ていくと、無線LANに対して原因となるようなものが結構置かれていることもあるので、その都度確認して排することになります。

About