Sunday, 19/8/2018 | 9:08 UTC+0

作業負荷の軽減も可能

入室退室の管理は不審人物の進入を防止するため設置されています。一方、入退室管理は、勤怠の管理機能もある場合が多くなっています。会社に出勤退勤する際に使用したシステムで、勤怠の管理ができる為、従業員はタイムカード等を押す手間が有りません。一方、タイムカードの様な遅刻しそうになったら他の社員が代わりに押す等の不正を防ぐ事もできます。勤怠管理を人事部等の方がチェックする作業もシステムが代わりに行います。

それ故、作業負荷の軽減も可能となります。勤怠情報については、入退室管理システムの一覧で保管される為、タイムカードの紛失等のトラブルも解決をすることが可能です。

情報の漏洩に対する対策の必要性については世間での認識が高い傾向が有ります。そんな中、会社の情報漏洩対策は必須といえます。顧客データというような個人情報の取り扱いは注意してください。

具体的には、住所や氏名、年齢等の基本的なものをイメージしがちです。しかしながら、お客様の購買傾向や好みなども情報となりこれらが漏洩するとそのお客様に対してダイレクトメールや売り込みセールスが殺到する等迷惑になります。又、最も注意が必要なのはカード等の情報です。買った覚えがない高額商品をの購入をされてしまうなど、被害は甚大です。これらのことから、情報漏洩の対策はとても重要かつ企業の基本的な義務と言えます。

About