Saturday, 17/11/2018 | 4:53 UTC+0

ソフトウェアの設計と費用について

世の中の企業は何らかの理由があって、ソフトウェアを導入する場面があります。そして完成されているソフトウェアを導入する事もあれば、ソフトウェアの設計をお願いする事もあるのです。というのも企業のニーズは多様です。すでに完成しているソフトウェアでニーズを賄う事もありますが、必ずしも充足できるとは言えません。ニーズによっては、充足がままならないこともあるのです。

このためソフトウェアを提供している会社としては、企業のニーズに合わせたソフトを設定している事があるのです。
つまりオーダーメイドのソフトウェアなどを作っているケースもあるのです。そのため、ソフトウェアの設定が必要になります。ところで外部の会社に設定を依頼するとなると、費用がいります。設計費用はただではないです。その費用はソフトウェアの会社が算出する事になりますが、それを決定しているのは現場のSEの人達です。ソフト会社の営業部門の方ではありません。
そもそもソフトウェアを製作してもらうとなると、ソフト会社の営業担当の人間と接する事も多々あります。さらに前述の費用は、営業を担当している方から伝えられる訳ではありません。必ずと言って良いほど現場のSEの方が、それを把握しているのです。というのもソフトウェアの営業担当者は、現場の状況を全て知っている訳ではないです。実際の現場の具合は、SEの方々が把握している可能性が高いです。
ソフトウェア設計書の書き方の例を学びたい – C・C++ | 教えて!goo
現実にはSEの方々がソフトの設定を行う為に様々な計算をし、それを営業担当者の方に伝えている場合が多々あります。ですのでソフトの設計の為の費用が伝えられるまでには、いくらかの時間がかかる事もあります。またSEの人たちは、その経費を人件費などで算出しているケースが多いです。現場で勤務しているシステムエンジニアの方々の稼働時間や勤務日数などで集計をして、費用を算出しているパターンがほとんどです。

費用計算の特徴としては、営業が行うことはまれであり、ほとんど現場のSEに任されています。

About